公式アプリは本当に便利です。

上海ディズニーランドにも公式アプリというものが存在します。
日本では、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)がパーク内の情報を見ることができるアプリを出していますし、東京ディズニーリゾート(TDR)もショーの抽選など一部のゲスト作業を代行してくれるアプリを出しています。

上海ディズニーランドのアプリが優れていると思う点は、以下の2点。
・パーク外にいてもパーク内のアトラクション待ち時間などを知ることができる
・チケット購入がアプリを通してできる
という点でしょう。

USJのアプリはパーク内でなければ、アトラクション情報を見ることはできませんし、USJもTDRもアプリからチケットを買うことはできません。この両方の不満を満たしているのが上海ディズニーランドの公式アプリ

実際にパーク内でゲストを悩ませるのが、アトラクションの待ち時間。
現在の各アトラクションの待ち時間を知ったうえで次にどこに行くかを検討する。というのはパークに行ったことがある人ならば誰でも経験があると思います。

自分の経験ですが、USJでアトラクションの待ち時間がどのようになっているか?最初に知りたくなるのが入場時なのですが、パーク外ではアプリが効かないため結局中に入って最初に乗りたいものに向かって猛ダッシュ。結果待ち時間が長くなっていて、列に並んでアプリを見てから、「別のものに行けばよかった・・・」と後悔したことが何度あるか(笑)。そして、こんな経験があるのは自分だけではないはず。

ましてやTDRではこうしたアプリがないため、どのくらいの待ち時間なのかは、パーク内のインフォメーションボードで確かめるしかありません。このボードの情報を見て絶望感に苛まれた経験がある人も私だけではないはず。
でも、上海ディズニーランドは行きの地下鉄の中でも現在のパーク情報を得ることができます。しかもほぼリアルタイムで更新されているので、実際に行ってみて「違った!!」ということはありません(でした。今回は。。。)

日本でもしこれを実施すると、スマホがつながりにくくなるなどの懸念から導入されないのかもしれませんが、東京ディズニーランドの開園から30年以上経った今、IT技術はレジャー施設にとっても欠かせないものになってきました。

加えて、日本からでも上海ディズニーランドのアトラクションの待ち時間がリアルにわかる。
それを良いことと考えるのか?見せ過ぎと考えるのか?

・・・

上海ディズニーランド

地獄少女も言っています「後は、あなたが決めることよ。。。」(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です