レゴランドの入園料とパスポート料金を推測してみた

日本でも久しぶりに大型テーマパークのオープン情報が出てきました。
名古屋にできる「レゴランド」です。

リリース文章はこちら「http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00050027-yom-bus_all

名古屋市の港区にできるらしく、広さは9.3ヘクタール。この中に40余りのアトラクションとショーを盛り込むとのこと。年間目標集客数は200万人だそうだ。

気になる料金は

大人6900円、小人(3歳~小学生)5300円

個人的に気になるのが、大人6900円の入園料といわゆるパスポート分の内訳。もちろん内訳なんて公表されるわけがない。
そこで、近隣の競合施設のデータから推測してみようというのが今回の試みです。

名古屋地区のテーマパークや遊園地というと、
長島スパーランド
鈴鹿サーキット
ラグーナテンボス
日本モンキーパーク
あたりでしょうか?

これだけだと、サンプル不足が否めない感がありますので、
ひらかたパーク
スペースワールド
を加えて、6カ所から推計してみたいと思います。

それぞれの施設から、以下のような情報を調べてみました。
①:入園料金(大人)
②:入園料+パスポート料金(大人)
③:パスポートだけの料金(②-①)
④:単券で全てのアトラクションを利用した場合の金額
⑤:アトラクション機種数
さらに、
④/⑤ :アトラクション1機種の平均の利用料金
③/① :パスポートだけの料金÷入園料
④/③ :単券で全てのアトラクションを利用した場合の金額÷パスポート料金
②/⑤ :入園料+パスポート料金÷アトラクション数

レゴランド

まずは、「レゴ」というブランドがない、遊園地だったらどんな料金になっていたんでしょうか?

レゴランド

グラフが鮮明に出ないので、EXCELがはじき出した近似式を書いておきます。

入園料+パスポート価格 = 6.4266×アトラクション数 + 4075.7

この式で計算すると入園料+パスポートの料金は4333円(丸めて4300円)。
ということは、ひらかたパークに近い金額ということになりそうです。
日本の遊園地は大体どこもこのくらいの価格ですから、レゴのブランド料金は2600円分というところでしょうか?

 

注目したいのが、「③/①」。アトラクションの数が多ければこの数値は増える(はず)。アトラクション数との相関を見てみると、確かに右肩上がりになっている。

レゴランド

グラフが鮮明に出ないので、EXCELがはじき出した近似式を書いておきます。

パスポートだけの料金÷入園料金 = 0.0244×アトラクション数 + 1.0072

さて、今回のレゴランド、アトラクションの数は40個。
となると、③/①の数値は1.9832となります。つまり、
入園料:パスポートの料金=1:1.9832
となります。ということは6900円の内訳は

入園料2313円、パスポート料金4587円
丸めて、入園料2300円、パスポート4600円
ということになります。

さて、名古屋周辺で入園料が2000円を超えている施設はラグーナテンボス(の中にあるラグナシア)しかありません。ラグーナテンボスのWEBSITEで見ると入園料にショーの観覧料が含まれると記載されています。となると、ショーもあるらしいレゴランドの入園料単価は妥当かな?

さらに、名古屋地区のアトラクションの1機種当たりの平均利用料金が400円程度であることを考えると、パスポートの元を取るためには12機種程度は利用しないといけないようです。これは意外に高いハードルになるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です