朝日新書「京都ぎらい」

京都は他地域の人についての差別感があるという話は何度か聞いたことがある。
しかし、そのことを京都(作者は京都を否定しているが)に住んでいる方が語るというのはあまりない。その意味で非常に興味があったので読んでみた。

作者の見解では京都人の思う京都とは京都のごく狭い地域。かつての政治の中心に近い場所だけだという。そのためにこれまで受けた誹謗中傷の数々とその辛辣さ。。。えぐい。

政治の中心地がある場所の周辺ではどこまでが中心地になるのか?という線引きをよく行う。これは東京も同じ傾向があるが、すでに東京は東京人以外が多数住む地域になっているので極端な意見は出にくい。

一方で京都はそうした他地域からの流入がしにくい風土があり、そのことを作者は嫌っているように感じる。

京都そのものが嫌いなのではなくて、京都人が嫌いなようだ。
そう、読み取った。。。世界有数の観光都市が持つ意外な一面が垣間見れる作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です