宝島社 「日本覚醒」

著者はおなじみのケント・ギルバートさん。
自分も昔から知っている、超有名コメンテーターであるが、この方の本を読むのは初めてです。

副題からも読み取れるように、日本に対してのかなり強烈なメッセージが込められていますが、実際に読んでみると「なるほど!!」なエッセンスがたくさん詰まっています。

読み始めて最初に驚かされたのが、ケントさんの日本の知識の深いこと。
日本の歴史をこんなに正確に、深く、しかも理解しやすいように説明できる方は日本人でもあまりいないと思います。

さらに、こうした背景に至った原因をアメリカによる占領統治にあったと、自国の政治手法を非難したりしますが、きわめて中立的な立場での説明でした。

後半のキーワードは「Proactive」ですが、これが一体に我々の生活にどのような恩恵をくれるのか?これまた明快な回答が記されていてためになります。

最後に、今後どうするべきか?日本覚醒とは何なのか?という解き明かしに続いていきます。

日本人の著述家でもここまで完璧な流れで文章を書ける人はなかなかいません。
ケントさんの日本語能力の圧倒的な高さに敬服した次第です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です