日経BP社 「星野リゾートの教科書」

自分が本を読むときに楽しみにしていることが一つあります。
本の中で紹介されている他の本。これを追いかけて読んでいくことです。
ネットサーフィンのように、読書サーフィン?というところでしょうか。

そんな趣向で読み進めると、この本は通常のビジネス書とは比較にならないほどの参考にした本が出てきます。
その名の通り、星野リゾートがビジネスを進めていくために参考にした本がずらりと紹介されており、その本がどのように使われているのかを、実際の業務とともに紹介しているものです。

業務自体を詳細に紹介することだけでも貴重ですが、その源泉となる教科書(参考図書)を紹介するという非常に珍しいタイプの本でした。

星野リゾート(というか星野社長)が、教科書の理論を実践するときに
「教科書の理論は100%実践しなくては意味がない」
という考え方は、レジャービジネスに関わるものとして実に重みのある言葉です。

成功する理論は知っていても、それを実践するときに躊躇があったり、遠慮があったり、怠慢があったりと理論を100%実践せずに、結局業績を悪くしてしまう。バブル時代からよくある傾向です。

その意味では、星野リゾートが次々と事業を成功させている秘訣は、教科書に忠実に業務を進めているからなのかもしれません。

一つ残念なのが、教科書として挙げられている本が高額なものが多いこと。。。残念。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です