三笠書房 「人事の超プロが明かす評価基準」

今携わっている仕事のこともあったのですが、以前勤務していた会社は今時期は人事評価の季節だったなぁ・・なんて気持ちで本屋に立ち寄ったところ、目についたのがこの本。
買うかどうかかなり迷ったのですが、これも何かの縁と買ってみたら、久々に大当たりの本でした。

「評価基準」というタイトルだけ見ると、いろんな手法が並べられていて、フォーマットが参考になる程度化も・・という懸念もあったのですが、人事評価そのものの考え方から実にわかりやすく、しかも詳細に記載されています。

いわゆるHOWTO系の本だと、決して書かれていないのですが、
「人事制度とは、個々人の能力を伸ばす、人を成長させる仕組みです」
ということが書かれています。この文章は結構衝撃的でした。
今まで、お付き合いしてきた会社や勤めた会社ではほとんどが、「人事評価=お裁き」だったように感じますが、人の能力の伸ばすという考え方に初めて出会ったような気がします。

この出だしですから、「人事評価は褒めること」が重視されるべきであり、そのためには会社の目標設定が重要であることが述べられています。

とにかく、学びや気づきが満載だったので、学んだことを全部書くと完全にネタバレしてしまいそうです。

人事担当者や評価担当者には、必読と言える本でした。
でも「人事評価=お裁き」の会社の人は、読まないでしょうね・・・ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です