家の建築で考えるテーマパークの運営計画(最終話「オープン!!」)

登場人物

信さん
主人公、初めて家を建てるがどうすれば良いのかわからずいろいろと奔走する
政先生
信さんの知り合いのリゾート開発のコンサルタント。信さんの自宅建設にリゾート開発目線でアドバイスをする

開業

こうして信さんの新居は無事に完成し、英会話教室も開業の日を迎えました。事前に作ったホームページも効果を上げて1回定員10人はすべて埋まり、目標の売上を何とか達成できそうです。近所の人にも評判の家となり、英会話教室の時間以外も人が集まる家になりました。

英会話教室のオープン日には政先生もお祝いをもって来てくれました。

信さんは政先生に言います。
「先生が監修すればどんなリゾート施設でも絶対成功しますね」

政先生は、いつもの笑顔で返しました。
「実際にリゾートを手掛けるときには今回のようには行きませんよ。信さんのように私の言うことをちゃんと聞いてくれてその通りに実施する人ばかりではありませんからね。それに自宅と違っていろんな利権も絡む施設なので、いろいろ上手くいかず失敗することもあります。また先を急いで今回のような計画手順を取らずに開業して大失敗なんて例もあるんです。」

淡々と話す先生に信さんはちょっと困惑した・・・

おかげさまで盛況の英会話教室の片隅には政先生から開業記念にもらった銀のお皿が飾ってあります。そのお皿には次のような文字が刻まれていました。

「Be Cool And Constructive (冷静に前向きに)」

【終了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です