文響社 「自分の言葉」で人を動かす

久々にスランプ・・・というかやるべきことが整理できずに、いろいろ自分に言い訳して仕事が滞ってしまった。
悪いのは分かっているのですが、なかなか脱出できずにもがきまくった数日。

本も読まなくては。。。と思いながらも動き悪く。
こんなときはサラッと読める本ないかな?
っと、本屋を徘徊して見つけたのがこの本。

「教えたいは言いたいと認められたいの中間点」

という言葉が出てきたあたりから、光が差してきて読み終わったらすっきりしました。
おかげで、スランプ(?)脱出!!

この本は文章を書いたり、説明をしたりする際に何に着目すると相手に伝わりやすいのか?
ということが非常にわかりやすく説明されています。

まさに、「読む薬」でした!!感謝!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です