上海ディズニーランド初年度は560万人!?

アメリカのテーマパークのリサーチサイトである「AECOM」が世界のテーマパークランキングの2016年版を発行しました。

http://www.aecom.com/theme-index/

早速ダウンロードしてみました。 アジア圏のテーマパークの入場者数のリストがあったりするんですが、以下のような感じです。

1位は東京ディズニーランド(16,545千人)、2位はユニバーサルスタジオジャパン(14,500千人)、3位は東京ディズニーシー(13,460千人)とまぁ三強はアジアでは揺るがないですね。

TDRの二施設は前年比を落としての1-3フィニッシュですからさすがです。そして、USJの躍進はまだまだ続きそうですね。

さて、ディズニーランド仲間では

香港ディズニーランド 6,100千人(前年比 -10.3%)
上海ディズニーランド 5,600千人

あれ??上海ディズニーランドは11,000千人超えたって報道されていたような気もするんですが・・・

2016年の6月開業だから半年分でという見方をすれば、年間で11,000千人超えはおかしくない数値とも見えます。一体どれが正解なのか?来年を待たなくてはなりません。

一方で、香港ディズニーランドの状態は深刻ですね。上海に顧客を奪われたとも見えるし、開業効果が完全に消えたという風にも見えます。

さて、それ以外で伸びてるところを見ると

ロッテワールド 8,150千人(前年比+11.5%)
CHIMELONG OCEAN KINGDOM(珠海長隆海洋王国) 8,474千人(前年比+13.2%)
WINDOWS OF THE WORLD(世界の窓) 3,910千人(前年比+13.7%)
HAPPY VALLEY(深圳歓楽谷) 3,836千人(前年比+18.8%)

中国のディズニー施設以外の検討が目立ちますねぇ。

日本ではTDR、USJ以外では

ナガシマスパーランド 5,850千人(前年比-0.3%)

なんと、上海ディズニーランドより多い(!?)という結果が出てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です